鷹なら大空を飛ぼう!イルカなら海を泳ごう!そしてあなたは?

      2017/03/07

私は34歳の時に独立の道を選びました。

そうして後がない状況に自分を追い込み、結果を出さないと食べていけないという状況の中、最も成功する確率の高い方法と思って取り組んだことは、

 

「すでに結果を出している人の真似をする。」

 

ことでした。

 

 

私の周りで結果を出しているある先輩は、

 

松岡修造の様に、熱く情熱的なリーダーシップ

 

で、チームを率いて結果を出していました。

 

 

また、他の先輩は、

 

スティーブ・ジョブスの様に、クリエイティブなアイデアを次々と出しては現実化して

 

結果を出していました。

 

 

さらに他の成功している先輩は、

 

イチローの様に、緻密な長期戦略を元に、毎日毎日同じルーチンワークを正確に、粘り強く徹底的にやり続けて

 

結果を出していました。

 

 

私は、彼らの真似をすることにチャレンジしましたが、いくら頑張ってもその先輩方の様にはなれませんでした。

 

特に、松岡修造タイプの真似には相当な無理がありました。あまりにキャラクターが違い過ぎるとは最初から薄々気付いてはいましたが(笑)

 

 

この時期はまるで、

 

車のサイドブレーキを掛けながらアクセルを吹かしている様な

 

頑張っている割に結果に繋がらない日々が続き、辛く苦しい思いをしていました。

 

 

ただ、当時はそれでもやるしかなかったので、サイドブレーキが焼け焦げて煙を出しながらもなんとか少しずつ前に進み、ある程度の結果を出していきました。

 

 

その苦しい状況を続けている時に出会ったのが、ウェルスダイナミクスと言うメソッドでした。

 

 

世の中の多くの成功メソッドでは、

 

成功者に共通する考え方や成功法則を提供しています。

 

 

しかし、ウェルスダイナミクスは違いました。

 

ウェルスダイナミクスで伝えていることは、世の中の成功者は、

 

ある共通の法則に従って結果を出したのではない

 

ということです。

 

 

成功者はそれぞれ、

 

一人一人異なる、生まれ持った天性の才能に合った道を選んだ

 

から結果が出ていたという考え方でした。

 

 

私の天性の才能を調べた結果、アマゾンの創業者のジェフ・ベゾスや、Facebookの創業者のマーク・ザッカーバーグ、マクドナルドの創業者のレイ・クロックと同じタイプで、システムを作り、改善して長持ちさせることでした。

やはり、松岡修造さんのタイプではありませんでした(笑)

 

 

自分の天性の強みに沿って、やるべきことにリソースを集中し、手放すべきことを手放したところ、これまでの苦労が嘘の様に、仕事がうまく回る様になりました。

 

しかも、

 

天性の強みにあった道を選ぶとやかに楽しく熱中できる

 

ので、ますますスキルが上がって行き、さらに結果が加速していきました。

 

 

生まれ持った才能を知り、それを活かせる道を選べば、圧倒的なパフォーマンスを発揮でき、

 

「フロー」=「流れ」に乗ることができます。

 

 

もし、あなたが鷹なら、道路を走らずに大空を飛ぼう。

 

もし、あなたがイルカなら、土の中を掘り進まず海の中を泳ごう。

 

もし、あなたがあなたなら、あなたに合った道を進もう。

 

 

あなたには必ず、生まれ持った素晴らしい才能があるのだから。

 

 

 
 

 - ウェルスダイナミクス, 新着情報